何故子供のうちから歯科検診に通うのか?実は重要な歯科検診について考えてみよう

>

予防歯科の観点からも歯科検診は重要

予防歯科で出来ることについて

予防歯科で出来ることは、虫歯や歯周病になっていないかどうかをチェックするのは勿論ですが、虫歯や歯周病にならないように、食生活を見直してもらったり、正しい歯磨きの仕方を指導したりすることも予防歯科の重要な役割です。
そのようなことなら、わざわざ教えてもらわなくても知っているし、子供にも歯磨きの大切さを教えることが出来る、と考える方もいらっしゃるかと思いますが、意外に知らないこともあるのです。
例えば、自分ではそんなに間食もしていないし、歯磨きもしっかり出来ている、と思っていても、実際に見てもらうと磨き残しが多かったり、ジュースをよく飲んでいる為か着色が割とひどかったりなど、歯医者さんに指摘されて初めて気がつくということはよくあることです。
歯科検診に行くことで、自分の歯を客観的に見ることが出来ると言えます。

子供の頃から歯科検診に通う意味とは

乳歯が生え揃ってきたら歯科検診は定期的に行ったほうが良いですし、乳歯は永久歯よりも弱い為、3ヶ月に一度くらいの頻度で通ったほうが良いと思います。
乳歯のうちから定期的に歯のチェックをしてもらうことで、虫歯予防になるだけではなく、歯並びや噛み合わせ、歯ぎしりなどについての指導を受けることも出来ます。
乳歯の場合、虫歯よりも歯並びや噛み合わせのほうが重要です。それは、まだ成長段階にあるので、外科的処置をすることなく歯並びを修正の方向に持っていくことが出来るということが大きいと言えます。また、乳歯の虫歯を防ぐことは永久歯の虫歯を防ぐことにも繋がります。
指しゃぶりや頬杖、食べ方など、小さいうちから正しい方向に直していくほうが、大人になってから直すよりも簡単ですし、歯並びにも良い影響をもたらします。
まだ乳歯だからと安心せず、4、5才くらいになったら定期的に歯科検診を受けられることをお勧めします。